横山広行 2013年4月開業以降の業績

英文原著論文

  1. Hiroyuki Yokoyama, Nobuhito Yagi, Yoritaka Otsuka, Jun-ichi Kotani, Masaharu Ishihara, Satoshi Yasuda, Kazuhiro Sase, Hisao Ogawa, Hiroshi Nonogi. Use of a Mobile Telemedicine System during Transport of Emergency Myocardial Infarction Patients would be an Effective Technology in the Pre-hospital Medical System. J Jpn Coron Assoc 2014; 20(4): 307-313
  2. Masahiko Saito, Kenji Ueshima, Muneyasu Saito, Toshiji Iwasaka, Hiroyuki Daida, Masahiro Kohzuki, Shigeru Makita, Hitoshi Adachi, Hiroyoshi Yokoi, Kazuto Omiya, Hiroshi Mikouchi, Hiroyuki Yokoyama, Yoichi Goto. Safety of Exercise-Based Cardiac Rehabilitation and Exercise Testing for Cardiac Patients in Japan: A Nationwide Survey. Circ J. 2014 ; 78(7): 1646-1653
  3. Momomura S, Seino Y, Kihara Y, Adachi H, Yasumura Y, Yokoyama H. Adaptive servo-ventilation therapy using an innovative ventilator for patients with chronic heart failure: a real-world, multicenter, retrospective, observational study (SAVIOR-R). Heart Vessels. 2015; 30(6):805-17
  4. Yoichi Takaya, Fumiki Yoshihara, Hiroyuki Yokoyama, Hideaki Kanzaki, Masafumi Kitakaze, Yoichi Goto, Toshihisa Anzai, Satoshi Yasuda, Hisao Ogawa, Yuhei Kawano. Impact of onset time of acute kidney injury on outcomes in patients with acute decompensated heart failure. Heart Vessels. 2016; 31(1):60-5
  5. Tomoike H, Yokoyama H, Sumita Y, Hanai S, Kada A, Okamura T, Yoshikawa J, Doi Y, Hori M, Tei C; Scientific Committee of the JCS. Nationwide distribution of cardiovascular practice in japan - results of Japanese circulation society 2010 annual survey. Circ J. 2015; 79(5):1058-67.
  6. Takaya Y, Yoshihara F, Yokoyama H, Kanzaki H, Kitakaze M, Goto Y, Anzai T, Yasuda S, Ogawa H, Kawano Y. Risk Stratification of Acute Kidney Injury Using the Blood Urea Nitrogen/ Creatinine Ratio in Patients With Acute Decompensated Heart Failure. Circ J. 2015; 79(7):1520-5.
  7. Seino Y, Momomura S, Kihara Y, Adachi H, Yasumura Y, Yokoyama H; SAVIOR-C investigators. Effects of adaptive servo-ventilation therapy on cardiac function and remodeling in patients with chronic heart failure (SAVIOR-C): study protocol for a randomized controlled trial. Trials. 2015; 16(1):14.
  8. Momomura S, Seino Y, Kihara Y, Adachi H, Yasumura Y, Yokoyama H, Wada H, Ise T, Tanaka K; SAVIOR-C investigators. Adaptive servo-ventilation therapy for patients with chronic heart failure in a confirmatory, multicenter, randomized, controlled study. Circ J. 2015; 79(5):981-90.
  9. Yoshimuta T, Yokoyama H, Okajima T, Tanaka H, Toyoda K, Nagatsuka K, Higashi M, Hayashi K, Kawashiri MA, Yasuda S, Yamagishi M. Impact of Elevated D-Dimer on Diagnosis of Acute Aortic Dissection With Isolated Neurological Symptoms in Ischemic Stroke. Circ J. 2015; 79(8):1841-5.
  10. Tadashi Kaneko, Shunji Kasaoka, Takashi Nakahara, Hirotaka Sawano, Yoshio Tahara, Mamoru Hase, Kenji Nishioka, Shinichi Shirai, Hiroshi Hazui, Hideki Arimoto, Kazunori Kashiwase, Tomokazu Motomura, Yasuhiro Kuroda, Yuji Yasuga, Naohiro Yonemoto,Hiroyuki Yokoyama, Ken Nagao, Hiroshi Nonogi. Effectiveness of Lower Target Temperature Therapeutic Hypothermia in Post-cardiac Arrest Syndrome Patients with a Resuscitation Interval of ≤ 30 minutes. J Intensive Care. 2015; 3(1):28
  11. Toru Hifumi, Yasuhiro Kuroda, Kenya Kawakita, Hirotaka Sawano, Yoshio Tahara, Mamoru Hase, Kenji Nishioka, Shinichi Shirai, Hiroshi Hazui, Hideki Arimoto, Kazunori Kashiwase, Shunji Kasaoka, Kasaoka, Tomokazu Kasaoka, Yuji Yasuga, Naohiro Yonemoto,Hiroyuki Yokoyama, Ken Nagao, Hiroshi Nonogi. The impact of on-admission Glasgow coma scale motor score on neurological outcome in out-of-hospital cardiac arrest patients receiving therapeutic hypothermia. Circ J. 2015; 79(10):2201-8.
  12. Wada Y, Ohara T, Funada A, Hasegawa T, Sugano Y, Kanzaki H, Yokoyama H, Yasuda S, Ogawa H, Anzai T. Prognostic Impact of Functional Mitral Regurgitation in Patients Admitted With Acute Decompensated Heart Failure. Circ J. 2015; 80(1):139-47.
  13. Akiko Kada, Naohiro Yonemoto,Hiroyuki Yokoyama, Hiroshi Nonogi on behalf of J-PULSE III Investigators. Association between Accessibility to Emergency Cardiovascular Centers and Cardiovascular Mortality in Japan. Int J Qual Health Care. 2016; 28(3):281-7.
  14. Shoji Kawakami, Yoshio Tahara, Teruo Noguchi, Nobuhito Yagi, Yu Kataoka, Yasuhide Asaumi, Michio Nakanishi, Yoichi Goto,Hiroyuki Yokoyama, Hiroshi Nonogi, Hisao Ogawa, Satoshi Yasuda. Comparison of Time to Reperfusion in ST-elevation Myocardial Infarction Patients with and without Prehospital 12-lead Electrocardiogram Transmission Using a Mobile Telemedicine System. Circ J. 2016; 80(7):1624-33
  15. Tomoyuki Ohara, Masatoshi Koga, Naoki Tokuda, Eijiro Tanaka,Hiroyuki Yokoyama, Kenji Minatoya, Kazuyuki Nagatsuka, Kazunori Toyoda, Kazuo Minematsu. Rapid Identification of Type A Aortic Dissection as a Cause of Acute Ischemic Stroke. J Stroke Cerebrovasc Dis. 2016; 25(8):1901-6.
  16. Masashi Fujino, Hiroyuki Takahama, Toshimitsu Hamasaki, Kenichi Sekiguchi, , Kengo Kusano, Toshihisa Anzai, Teruo Noguchi, Yoichi Goto, Masafumi Kitakaze,Hiroyuki Yokoyama, Hisao Ogawa, Satoshi Yasuda. Risk Stratification based on Nutritional Screening on Admission: Three-Year Clinical Outcomes in Hospitalized Patients with Acute Heart Failure Syndrome. J Cardiol. 2016; 68(5):392-398.
  17. Yoichi Takaya, Fumiki Yoshihara,Hiroyuki Yokoyama, Hideaki Kanzaki, Masafumi Kitakaze, Yoichi Goto, Toshihisa Anzai, Satoshi Yasuda, Hisao Ogawa, Yuhei Kawano, Kenji Kangawa. Impact of decreased serum albumin levels on acute kidney injury in patients with acute decompensated heart failure -a potential association of atrial natriuretic peptide. Heart Vessels. 2017 Aug;32(8):932-943
  18. Honda S, Nagai T, Nishimura K, Nakai M, Honda Y, Nakano H, Iwakami N, Sugano Y, Asaumi Y, Aiba T, Noguchi T, Kusano K, Yokoyama H, Ogawa H, Yasuda S, Anzai T; NaDEF investigators. Long-term prognostic significance of urinary sodium concentration in patients with acute heart failure. Int J Cardiol. 2018; 254:189-194.
  19. Naohiro Yonemoto, Akiko Kada, Hiroyuki Yokoyama and Hiroshi Nonogi. Public awareness of the need to call emergency medical services following the onset of acute myocardial infarction and associated factors in Japan. J Int Med Res. 2018; 46(5):1747-1755.
  20. Hiroki Nakano, Toshiyuki Nagai, Varun Sundarama, Michikazu Nakai, Kunihiro Nishimura, Yasuyuki Honda, Satoshi Honda, Naotsugu Iwakami, Yasuo Sugano, Yasuhide Asaumi, Takeshi Aiba, Teruo Noguchi, Kengo Kusano,Hiroyuki Yokoyama, Hisao Ogawa, Satoshi Yasuda, Taishiro Chikamori, and Toshihisa Anzaia, on behalf of the NaDEF investigators. Impact of iron deficiency on long-term clinical outcomes of hospitalized patients with heart failure. Int J Cardiol. 2018 Jun 15;261:114-118
  21. Akihiko Inoue, Toru Hifumi, Naohiro Yonemoto, Yasuhiro Kuroda, Kenya Kawakita, Hirotaka Sawano, Yoshio Tahara, Mamoru Hase, Kenji Nishioka, Shinichi Shirai, Hiroshi Hazui, Hideki Arimoto, Kazunori Kashiwase, Shunji Kasaoka, Tomokazu Motomura, Yuji Yasuga,Hiroyuki Yokoyama, Ken Nagao, Hiroshi Nonogi, and the J-PULSE-Hypo Investigators. The impact of heart rate response during a 48-hour rewarming phase of therapeutic hypothermia on neurological outcomes in out-of-hospital cardiac arrest patients. Critical care medicine. 2018 in press
  22. Yasuhiro Hamatani, Michikazu Nakai, Kunihiro Nishimura, Yasuyuki Honda, Hiroki Nakano, Satoshi Honda, Naotsugu Iwakami, Yasuo Sugano, Yasuhide Asaumi, Takeshi Aiba, Teruo Noguchi, Kengo Kusano, Kazunori Toyoda, Satoshi Yasuda,Hiroyuki Yokoyama, Hisao Ogawa, and Toshihisa Anzai, on behalf of the NaDEF Investigators. Elevated Plasma D-dimer Level is Associated with Short-term Risk of Ischemic Stroke in Acute Heart Failure Patients. Stroke, in press.

和文原著

  1. 横山広行 .心臓病患者のうつの評価と対応 . 日本社会精神医学会雑誌 2013; 22: 131-137
  2. 横山広行. 心疾患患者のうつの評価と対応 . 心臓 2013; 45(10);1334-1338
  3. 横山広行. 心不全患者におけるうつを考える .日本老年医学会雑誌 2013;50 (6): 748-751
  4. 横山広行, 野々木宏 . 院内心停止に対する多施設共同登録研究( J-RCPR)における基礎疾病の影響に関する検討 . ICUとCCU 2014: 38(3: 197-203
  5. 横山広行.「第18回アミオダロン研究会講演集」心肺蘇生の進歩とアミオダロンの位置づけを考える . Progress in medicine 2014;34(supp1):630-633.
  6. 黒澤毅文,中田康紀,横山広行,安斉俊久,石原正治,安田聡,小川久雄 . 虚血性心疾患に基づく急性非代償性心不全の臨床特徴と予後規定因子に関する検討 . 日本冠疾患学会雑誌 . 2015; 21 (1): 6-13
  7. 横山広行. 「第19回アミオダロン研究会講演集」アミオダロン中止後に発症した ARDS様重症肺障害に対する病診連携の経験 . Progress in medicine 2015;35(supp1):371-375
  8. 笠岡俊志、高山守正、長尾建、中川晋、宮崎俊一、平山篤志、長谷守、横山広行、田原良雄、佐藤直樹、新沼廣幸 . 「心臓疾患集中治療室( CCU)の現状に関するアンケート調査報告」日本集中治療医学会雑誌 2016;23:365-9
  9. 横山広行. 『チーム医療の実践』「在宅」心臓 2016; 48(7): 725 -729 2016
  10. 横山広行. 特集;変わりつつある高齢者心不全の考え方と治療法「高齢者には至適薬物療法と栄養はどちらがより重要か」 Geriatric Medicine(老年医学) . 2016; 54(7): 675 -679.
  11. 横山広行. Guidelines 2000からの心肺蘇生ガイドラインにおける変遷を振り返る . ICUと CCU. 2016; 40(supp1): 5091-5096.
  12. 安達仁、安斉俊久、猪又孝元、木原康樹(委員長)、佐藤幸人、清野精彦、筒井裕之、原田和昌、福本義弘、増山理、百村伸一、弓野大、横山広行、吉川勉;日本心不全学会高齢心不全患者の治療に関するステートメント策定委員「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」

論文(総説、その他)

  1. 横山広行. 特集「バイオマーカー update :診断から治療評価ヘ」肺血栓塞栓症 . ICUと CCU 2013;37(1):11-18.
  2. 横山広行. 特集「救急医療に必要な不整脈診療の実際」初診室にて1分で心電図を読む工夫:見逃してはならないポイント .救急医学2013; 2
  3. 横山広行. 特集「心不全の診断と治療の現状─最近のガイドラインの把握と臨床判断─」 Nohria-Stevenson分類. 2013; 31(4): 89
  4. 横山広行.特集「循環器疾患患者の末期医療」循環器疾患患者の末期医療 . HEART 2013;3:16-21
  5. 伊藤弘人、高田弥寿子、横山広行、他3名. 心疾患患者さんのうつの現状 . HEART nursing 2013;26:84-88
  6. 横山広行. 企画編集「循環器疾患患者のメンタルケア」 Heart 2013: 11(3)
  7. 横山広行. 特集「2025年を見すえた心不全治療ロードマップ」都市型在宅医療の実践 . 内科 2014; 113(3): 511-514.
  8. 横山広行. 特集「うつ病治療の新たなストラテジー」心疾患におけるうつ病の影響 . Depression Strategy 2014;4(2)
  9. 菊地研,田原良雄,小島淳,朔啓二郎,白井伸一,瀬尾宏美,友渕佳明,中島啓裕柴田克孝,花田裕之,的場哲哉,真野敏昭,山本剛,横山広行:第5章急性冠症候群(ACS).JRC蘇生ガイドライン 2015(監修:日本蘇生協議会).医学書院 2016, 291-344
  10. 横山広行. エッセンス 1 心臓病患者さんの在宅ケア . ハートナーシング 2016; 29(7): 706-709.
  11. 横山広行. 視野が広がるミニ特集外来と地域をつなぐエッセンスを伝授 ! 心臓病患者さんの在宅ケア Tips集ハートナーシング 2016; 29(7): 705-705.
  12. 横山広行. 心不全パンデミックという未来予想 . ハートナーシング 2016; 29(6): 513-513.
  13. 横山広行.「高齢心不全患者の治療に関するステートメント」が伝えたい高齢者の併存症と栄養評価 . ハートナーシング . 2017; 30(5): 516-521.
  14. 原田和昌、木原康樹、絹川弘一郎、横山広行. 座談会「超高齢化社会における心不全治療の考え方」 . 臨床医のための循環器診療 . 2016. 25:3-16
  15. 横山広行.循環器疾患をもつ超高齢者をどう評価するか . Cardiac Practice. 2017, 28;2: 117-121.
  16. 木原康樹、和泉徹、野々木宏、横山広行 .座談会「超高齢者パンデミック時代における循環器診療」 . Cardiac Practice. 2017, 28;2: 145-149
  17. 横山広行.特集「高齢心不全のトータルマネージメント」精神疾患:抑うつ・せん妄など . Modern Physician. 2018; 38(6)
  18. 倉林正彦、坂田泰彦、横山広行 . 増加し続ける高齢者心不全に対する対策(座談会) . カレントテラピー . 2018

著書(監修者、編集者 )

  1. 野々木宏&横山広行. 共著分担『内科患者のメンタルケアアプローチ;循環器疾患編(樋口輝彦監修)』心不全の緩和ケア . 新興医学出版社 2013年
  2. 横山広行.共著分担『心不全の緩和ケア(編集大石醒悟ら)』循環器内科医の視点から . 南山堂2014年
  3. 横山広行.共著分担『救急・集中治療』<徹底ガイド心不全 Q&A―プレホスピタルから慢性期まで ―(第2版)佐藤直樹監修>「プレホスピタル・救急外来から入院までのチーム医療」総合医学社 2013年
  4. 横山広行.共著分担『循環器研修ノート改訂第2版』第 3章研修で学ぶべき知識と技術 B(基本的な)管理・処置 3 水分出納の観察 . 診断と治療社 2016年
  5. 横山広行.共著分担『循環器研修ノート改訂第2版』第 3章研修で学ぶべき知識と技術 B(基本的な)管理・処置 4 酸素投与. 診断と治療社 2016年
  6. 横山広行.共著分担『ここが知りたい -急性心不全の救急・集中治療管理(編集佐藤幸人)』Ⅲ章初期救急治療 2.初期治療に必要な呼吸管理 . 中外医学社 2016年
  7. 横山広行.共著分担『エキスパートが現場で明かす心不全診療の極意』Ⅲ急性心不全 19.「急性心不全における NIPPV:テーラーメイド療法は必要か?」南山堂 2016年
  8. 単著『ここが知りたいかかりつけ医のための心不全の診かた』中外医薬社 2017年

シンポジウム(シンポジスト・座長

  1. 2013.9.20.第61回日本心臓病学会学術集会メディカルスタッフセッション・座長(熊本).心不全治療におけるメディカルスタッフの連携
  2. 2014.3.22.第78回日本循環器学会学術集会シンポジウム座長(東京)「循環器疾患ネットワークとレジストリ」
  3. 2014.3.22.第78回日本循環器学会学術集会:会長特別企画(循環器病ナショナルデータベース)演者「 Rapid Dissemination of Coronary CT Angiography among Teaching Hospitals in Japan between 2007 and 2010」
  4. 2015.4.26.第79回日本循環器学会学術集会:チーム医療セッション教育セッション 3・座長(大阪)「末期心不全患者への多職種連携によるケアを考える」
  5. 2015.7.4.第35回心筋梗塞研究会(当番世話人 )「シンポジウム;心筋梗塞を地域で診る(座長)」
  6. 2015.9.20.第63回日本心臓病学会学術集会臨床・実地医家セッション・座長(横浜) .教育講演「不整脈」
  7. 2015.9.20.第63回日本心臓病学会学術集会臨床・実地医家セッション・座長(横浜) .シンポジウム「在宅診療と病診連携を考える: 2025年問題に向けて
  8. 2015.12.5.第35回東京CCU研究会(東京)『 ILCOR救急蘇生のガイドライン 2015: update変遷、今回の改訂、将来への期待』「 Guidelines 2000からの心肺蘇生ガイドラインにおける変遷を振り返る」
  9. 2016.10.7 第20回日本心不全学会学術集会特別企画『高齢心不全患者の治療に関するステートメント』演者「高齢者心不全の Comorbidityと評価法」
  10. 2016.10.7 第20回日本心不全学会学術集会シンポジウム(札幌)『高齢者心不全の治療と限界』演者「高齢者心不全の治療と限界」
  11. 2017.10.12 第21回日本心不全学会学術集会(秋田)『超高齢化社会における心不全診療と終末期医療を考える :高度医療から在宅まで . Palliative and end-of-life care in super-aging society with heart failure』「心不全診療における在宅・外来診療と終末期対応」

パネルディスカッション(パネリスト・座長

  1. 2013.6.6. 第28回日本老年精神医学会・第 55回日本老年医学会合同パネル・ディスカッションパネリスト (大阪). 高齢者医療とうつ「心不全患者におけるうつを考える」
  2. 2014.3.13 SAITAMA TCARE Forum;パネルディスカッション座長(さいたま市)「糖尿病患者さんの真のトータルケアを目指して」
  3. 2015.10.16 糖尿病治療の新戦略 2015パネリスト(川越) . 『SGLT2阻害薬はどのように使うべきか』「(心)脱水による心疾患への影響を考える」
  4. 2016.10.7 第20回日本心不全学会学術集会(札幌)特別企画(座長)『チーム医療推進委員会(症例検討)』

ランチョンセミナー・イブニングセミナー・教育講演・招待講演 ;演者

  1. 2013.11.9. 第32回日本蘇生学会・会長招待講演(東京)「ガイドライン 2010の現在の見解と今後の展望」

テレビ講師

  1. 2014.3.23.BSジャパン「教えてドクター、家族の健康」急な悪化を防ぐ!心不全患者の生活

セミナー講師

  1. 2013.10.27.日本心不全学会チーム推進委員会教育セミナー(大阪)「急性心不全の診断と治療のポイント」
  2. 2015.8.8. 2015年度日本心不全学会チーム医療推進委員会教育セミナー東京会場(逗子)「教育セミナー;急性期治療から在宅治療への連携を考える」
  3. 2015.8.9. 2015年度日本心不全学会チーム医療推進委員会教育セミナー東京会場(逗子)「慢性期事例検討」
  4. 2016.9.18. 2016年度日本心不全学会チーム医療推進委員会教育セミナー /東京会場 (船橋)「多職種事例検討会:在宅事例」
  5. 2017.8.20. 2017年度日本心不全学会チーム医療推進委員会教育セミナー /東京会場(船橋)「多職種事例検討会:在宅事例」

その他講演会講師

  1. 2013.6.22. 第3回北海道循環器臨床研究会(札幌)「心不全治療の展望;急性期治療から在宅管理までを考える」
  2. 2013.9.9. 多摩循環器フォーラム(立川)「心不全治療の展望;急性期治療から在宅管理までを考える」
  3. 2013.10.26.第2回心不全呼吸療法研究会(大阪)「心不全に対する NPPV療法;急性期から慢性期まで」
  4. 2014.2.23. 第1回 12誘導心電図伝送を考える会(東京)「モバイル・テレメディシン活用の経験」
  5. 2014.6.10. Clinical Discussion for HF(前橋)「心不全治療の up-date;急性期治療から在宅治療までを考える」
  6. 2014.6.19. 第8回埼玉循環器SDB研究会(さいたま市)教育講演「重症心不全症例に対する CPAP療法の効果を症例から考える」
  7. 2014.7.14. 長岡循環器 Symposium 2014~冠動脈疾患の二次予防における地域連携の重要性(長岡)「地域医療~さまざまな可能性を考える」
  8. 2014.7.31. 第1回医工連携によるイノベーション創出研究会(さいたま市)「循環器系医療現場からのニーズと課題;循環器救急医療体制におけるモバイル・テレメディシンの導入と普及」
  9. 2014.9.18. 第1回比企地区抗凝固療法検討会 (熊谷)「心房細動診療を地域でどう診るか?~実地医家の立場から~」
  10. 2014.11.8. 第11回げんてん埼玉(さいたま市)「心不全治療の up-date;急性期治療から在宅治療までを考える」
  11. 2014.11.13. 第4回群馬臨床心不全研究会(前橋)「心不全治療の up-date;超急性期から在宅までを症例で一緒に考える」
  12. 2014.11.27. 比企循環器ネットワーク Symposium;循環器ネットワークの構築を目指して「地域循環器ネットワークの構築と課題について考える」(小川町)
  13. 2015.1.10. 循環器疾患の終末期医療を考える会「心疾患の終末期医療と病診連携」を考える(吹田)
  14. 2015.10.9 第91回臨床心臓研究会「心不全の病診連携 ;2015年をみすえた在宅診療を考えてみる」(札幌)
  15. 2015.10.28 第2回比企地区抗凝固療法検討会「実地医家における心房細動診療を考える」 (東松山)
  16. 2016.1.21 第2回東松山心不全セミナー(東松山)「在宅診療における Tolvaptanの使用」
  17. 2016.4.21 比企地区抗凝固療法カンファレンス(小川町)「 VTEにおける医療連携を考える」
  18. 2016.10.14第3回比企地区抗凝固療法検討会 (東松山)「静脈血栓塞栓症(VTE)の診療について -実地医家の立場から」
  19. 2017.2.8 第9回心不全予後研究会(新宿)「かかりつけ医のための心不全の診かた;心不全は common diseaseか?」
  20. 2017.3.1 上尾地区静脈血栓塞栓セミナー(上尾市)「静脈血栓塞栓症(VTE)の診療について -実地医家の立場から -」
  21. 2017.3.3座長;高齢者 ASの侵襲的治療を本気で勉強する会 (東松山);講師道本智先
  22. 2017.3.24 座長;高齢者 ASの侵襲的治療を本気で勉強する会; (東松山 )講師宮本敬史先生
  23. 2017.3.31第2回埼玉北西部心不全治療フォーラム (東松山)「CKD(Stage3以上)合併心不全例における各施設の ACE-I/ARBの使い方」
  24. 2017.5.15胸部疾患研究会(熊谷)「非定型好酸球性肺炎と糖尿病の関連について」
  25. 2017.6.3げんてん会総会(東京)「実地医家の立場で心不全パンデミックに備える」
  26. 2017.6.8 比企東松山地区講演会(東松山)「SGLT2阻害薬を考える~臨床における疑問について~」
  27. 2017.7.7臨床医学セミナー(川越市)「静脈血栓塞栓症( VTE)の診断と治療 -実地医家の立場から」
  28. 2017.9.28 地域連携を考える会(東京)『これから増える高齢者心不全にどう立ち向かうか』「実地医家の立場で心不全パンデミックに備える」
  29. 2017.11.09 第4回比企地区抗凝固療法検討会(東松山)「ここが知りたい、実地医家による心房細動治療の今; 2017 RWD」
  30. 2017.11.18 第7回大津ハートネットワーク研究会(大津)「実地医家による虚血性心疾患・心不全の慢性期診療を考える;心不全パンデミックに備える」
  31. 2017.11.22 尼崎心不全治療懇話会(尼崎)「実地医家の立場で心不全パンデミックに備える」
  32. 2018.2.28 第12回北足立循環器セミナー(鴻巣)「急性冠症候群治療後の超高齢者に発症した急性非代償性心不全;私の処方と診療の秘訣」
  33. 2018.5.21 第14回県北心電図勉強会(深谷)「救急外来において心電図を 1分間で読む;心電図アレルギーを解消する」

院内勉強会講師

  1. 2013.10.10.さいたま赤十字病院(埼玉)「循環器救急治療における酸素療法」
  2. 2014.1.30.深谷赤十字病院(埼玉)「循環器救急治療における酸素療法; NPPVを学ぶ」
  3. 2014.4.18. 信州大学医学部付属病院(松本)「循環器救急治療における酸素療法; NPPVを学ぶ」
  4. 2014.5.22. 東松山医師会病院(東松山)「コメディカルと連携医のための症例検討勉強会;症例から病診連携を考える」
  5. 2014.9.19 東松山医師会病院病診療連携勉強会(東松山)「循環器疾患の在宅支援を学ぶ」
  6. 2017.12.21 埼玉医科大学国際医療センター病診連携懇話会「実地医家の立場で急性大動脈弁閉鎖不全に対処する」
  7. 2018.1.17 東松山医師会病院「第4回東松山心不全セミナー(実地医家の立場で心不全パンデミックに備える)」

市民公開講座

  1. 2018.2.1 東松山市保健センター「検診結果から知ろう!あなたの身体のサイン;生活習慣病にならないために」

学会関連委員・幹事・世話人; 2017年7月1日

  1. 日本循環器学会;蘇生科学小委員会委員、蘇生教育小委員会委員
  2. 日本心不全学会;チーム医療推進委員会委員
  3. 心筋梗塞研究会;世話人
  4. 心不全ASVリサーチフォーラム;世話人
  5. 12誘導心電図伝送を考える会;世話人
  6. 新鎌北湖カンファレンス;世話人
  7. 県北心電図勉強会;世話人
  8. 胸部疾患研究会;世話人
  9. 心不全と水利尿研究会;世話人
  10. 地域心不全研究会;世話人
  11. 北足立循環器セミナー;世話人
  12. 病診連携スキルアップセミナー;幹事